SUBARU G-BOOK
SUBARU TOPページSUBARU G-BOOK mXSUBARU G-BOOK ALPHAユーザーサイトコミュニティ ログイン
SUBARU G-BOOK ALPHA
コンセプト
サービス
テクノロジー
DCM
ヘルプネット
Gルート検索/渋滞予測
G-BOOKセンター

G-BOOKセンター

G-BOOKセンターのテクノロジー

テレマティクスサービス専用のデータセンター

G-BOOKセンターは、車両へのテレマティクスサービス専用のデータセンターです。堅牢で、高度なセキュリティシステムを有する構造物に、清々と並ぶサーバー群と、G-BOOK専用に構築されたネットワーク網が高信頼で安心のサービスを提供します。

G-BOOKセンターイメージ図
安心で確実なコネクションを約束するG-CCS(G-BOOK Communication Control System)

車載機との通信ゲートウェイに配置された「G-CCS」は、車載機と無線通信を行う上で2つの機能を果たしています。第一に、配信データの圧縮と暗号化処理機能です。配信されるデータは極限まで圧縮されるだけでなく、高度な暗号化処理がかけられます。第二に、トンネルなどで通信が中断した場合もその状態を保持し再開できるようにするコネクション維持機能です。これらのしくみにより、ドライビングユースに安心で快適なコネクションを実現しています。
シームレスサービスを提供するマルチデバイスコントローラー

G-BOOKで扱うコンテンツは、専用の記述言語、「G-BOOK ML」によって開発されています。G-BOOK MLはG-BOOKのコンテンツ作成や、メンテナンスを効率的に行う為に開発されたG-BOOKコンテンツ専用の開発言語です。このG-BOOK MLによって記述された車載端末向けのコンテンツは「マルチデバイスコントローラー」によって、パソコンや携帯電話でも利用できるように自動変換されます。そのためユーザーは、さまざまなデバイスで、シームレスにG-BOOK ALPHAのサービスを利用することが可能です。