SUBARU G-BOOK
SUBARU TOPページSUBARU G-BOOK mXSUBARU G-BOOK ALPHAユーザーサイトコミュニティ ログイン
SUBARU G-BOOK ALPHA
コンセプト
サービス
テクノロジー
DCM
ヘルプネット
Gルート検索/渋滞予測
G-BOOKセンター

データ通信モジュール

データ通信モジュールのテクノロジー

データ通信モジュール内構成 高速データ通信と音声通話が可能な車載通信モジュール

SUBARU G-BOOK ALPHA専用DCMは、テレマティクスサービス専用に開発された車載タイプのインテリジェント通信モジュールです。
堅牢なユニット内には、DCMを統合管理するCPUの配下に、高速データ通信(2.4Mbps)を可能にするCDMA2000 1xEV-DOの通信モジュール、及び緊急時やセキュリティアラーム発生時にデータを発信するモジュールが組み込まれています。

緊急通報にも耐えうる高い信頼性

IT技術の粋を集めた最新のテレマティクスシステム。
「安心・安全」、「ドライビングインテリジェンス」のあらゆるサービスは、高度な通信テクノロジーと万全なセキュリティシステムにより提供されています。
データ通信モジュール概念図
緊急通報時に機能するハンズフリー音声通話機能

SUBARU G-BOOK ALPHA専用DCMは、緊急時のみハンズフリー音声通話が可能な自動車電話機能を搭載しています。 緊急時にヘルプネットボタンを押すことにより、ヘルプネットのサービスが常時受けられるようになっています。
※ヘルプネットセンター以外への音声通話には対応していません。